2018年06月15日

カードキャプターさくらのコスチューム

超人気アリメ、カードキャプターさくらを再開しました、カードキャプターさくらクリアカード編
また、桜に会えで、超嬉しい!!!!
漫画も読みますけど、でも、やっぱりアリメも見でいよ、リアルでし、丹下桜さんの声も綺麗で優しいよな、

私好きだよ!

だから、今日は皆様に紹介させていただきでのは木之本桜天使のドレスコスチューム

天使のイメージを作ったドレス、純潔な白、天使の翼のよな不規則の長い裾、半透明の生地を使っている、ス

カートはよりに華麗でロマンチック!

花柄袖、荷葉のより可愛

サテン花柄のデザイン、魔法陣の金属紋様をスカートに飾り、華麗で幻。

ハイヒールのトウには水晶を飾ている、綺麗で優雅!

最後、この商品はCOSPYAで販売されます,もし気に入ったら、ぜひcospya.comでご注目ください。
木之本桜天使コスチューム
木之本桜天使コスチューム
posted by cospya at 15:54 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カードキャプターさくらのコスチューム

超人気アリメ、カードキャプターさくらを再開しましたよ!超嬉しい!!!!

桜もついに中学生になりました!
 
その可愛い桜の日常制服コスチュームを紹介させていただきます!
ミントのチョッキと白のスカートをセット、
荷葉のスカートとてもふわふわ、緑のリボンわ頸に蝶結び、
スカートも緑のリボンで飾ります、スカートはよりに優しい

そして、ポイントのハート形赤色バッグ、可愛い翼を飾り、

萌えのデザイン、鮮やかな色、服がよりによって優雅で可愛い、日常も着でよい!

この商品はcospyaで販売されます,
もし気に入ったら、ぜひcospyaでご注目ください。

posted by cospya at 15:43 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

Marry 小桜茉莉 コスプレ衣装

典型な天然性格とかわいい顔で人気を持っています。

髪色は白、瞳は薄いピンク、いつも青いスカートを着ています。

夏风がノックする窓を開けてみると、何処からか迷い込んだ鸟の声、あの少女が来ます。

長く白い髪が風と漂って、スカートの裾も舞います。森の香りがスカートに染めて、森の王女様です。

チャイナドレスの襟、蓮の葉の白い裾と青いスカートの裾を重ねて、飄逸です。

そして、小桜茉莉のコスプレウィッグも販売中、ぜひ、選びください。

夏风が今日もまた
あなたがくれた服の
フードを少しだけ揺らしてみせた。
小桜茉莉 コスプレ衣装
posted by cospya at 11:49 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全セット、ナーサリー・ライムコスプレ衣装

「ナーサリー・ライム、童謡という意味です。
 実在の英雄ではなく、実在する絵本の総称であり、多くの子供たちの夢を受けたことで、そのジャンルが「子供たちの英雄」の概念として成立し英霊化したもの。」

スカートのキノコ柄から子供っぽいイメジが感じられます。マントと帽子の蝶結びの組み合わせ、少女のスマート感じが出ました。

ナーサリー・ライムは誰のために作ったライムですか。
全セットはスカート、マント、帽子、半ズボンを持っています。

童話と言われているライム、自分自身は美しい童話です。

「くるくるくるくる回るドア、行き着く先は鍋の中!」
ライムの声を聞いた、目の前にある童話の形が現れました。

「こんにちはすてきなあなた。夢見るように出会いましょう?」
夢のなかで出会いましょう。
ナーサリー・ライムセット
posted by cospya at 11:31 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

「刀剣乱舞小烏丸」コスプレ衣装

小烏丸(こがらすまる)は、平家一門の家宝であり刀工「天国」(あまくに)作と伝えられる日本刀。
昔から、貴重な太刀として見られています。外形は烏みたいが、性格は父親のような物です。

烏といえば、黒です。
ベストは袖なし、両側はスリットになります。そして、右の袖は振り袖の様子で、対称無しのデザインは目を見張るものがあります。振り袖の下では烏の毛の飾りを付き、烏の身元を示します。

その他の部分は、大体赤です。
左の袖とズボンの裾は締めるデザインで、太刀としてのハキハキとして性格を表します。

半身は烏の飄逸の姿、半身は太刀のハキハキとして姿です。この服は大好評!
小烏丸 コス
posted by cospya at 19:04 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする